KATSUYA TOMITA

tomita2

─甲州最前線ファンの方お待たせいたしました。本日は東京都内、京王線沿いのとあるカフェに来ております。本日のインタビュー第11回目のゲストは映画「サウダーヂ」でお馴染み、空族の富田克也監督です。よろしくお願いします。

よろしくおねがいします。

 

ツッパリジュニアハイスクールロケンロー

―中高はどんな子どもだったんですか?

中学校は南西中学校でした。野球部に入ってそこそこやってはいたんですけど段々行ったり行かなかったりになって、結局バンドツッパリ少年でしたね。そり込みとかも入ってた。当時はバンドブームでBOOWYとかが凄い流行ってて。あの頃はバンドとツッパリの文化が融合してたから。

―当時から映画を観たりしたとか。

まあ人並みにですよね。甲府の映画館で観ることのできる映画はかなり限られていましたからね。ハリウッド映画とか角川映画とか。
でも良く覚えているのは「アキラ」。当時、元々成人映画館だったテアトル甲府が一般映画も公開するようになってたんですよ、そこで観たんです。それまでアニメって子ども向けのイメージしかなかったんですよ。ドラえもんとか。
でもアキラは全然違ってたから。映画館を出たはいいけど「なんだったんだ今のは」と友人と便所の窓から忍び込んで戻って、もう一度観て家に帰ってから内容について話し合ったりしました。「サウダーヂ」主演の毅とですけどね。

―かなりエキセントリックな見方じゃないですか?

でもこれ、実は映画を作るようになって思うんですけど、この見方をしてきたことがどういう風にかはわかんないけど役に立っている気がする。いや、ダメな方にかも知れないけど、なんか影響があるような気がしてます(笑)。
更に、一本の料金でかならず同時上映の作品がセットになってたから目当ての作品とそうでないものを強制的に観ることになる。結果的にこれもよかったですよ。
ジャッキー・チェンの映画を観に行ったら「猛獣大脱走」っていう映画を観ることになったんだけど、映画を観ていて初めて吐きそうになって便所に駆け込んだ記憶があります。人間がライオンの群れに四方に食いちぎられるシーンで。高校生になってからは学校サボって一日中映画館の中にいることもありましたね。「ロッキー4」とか。
そんなふうにして何度も繰り返し映画を観るというのが面白いということに気づき、習慣になっていったんだと思います。

 

ありがちな上京

―ああ、ありがちな(笑)。

それに当時は今と社会状況がまったく違ったんですよ。仕事も山ほどあるし大学進学が当たり前、受験戦争でどこまで昇りつめるか、あげく3高(高学歴・高収入・高身長)がいいっていうご時世。今改めて言ってみると酷いなこれ、高身長ってなんだ(笑)。
でも、こんなクソみたいなことみんな平気で言ってましたからね。んで、こっちは反抗心の塊みたいなもんだから大学なんて行ってたまるかとなりまして。
でも結局上京の口実に専門学校入ったはいいけどついていけないんですよ。課題とかも多いし元々本気でやるつもりも無いし。だからすぐ辞めてそこから東京でパンクバンドをやりながらバイトをしてました。

―友&愛って文化人の先輩のインタビューとかでよく目にしますね。まだツタヤじゃないんだという。というか山梨県人ならディーンを忘れてんじゃねえぞという気もしますけど(笑)。
そしてそれから映画をどんどん掘り下げていくと。

そう。それからはただ観てるだけじゃなくて系統立てて観ていくようになりましたね。これはイタリア映画これはフランス、これはアメリカの古い映画、日本映画とかね。あとカルチャー雑誌が前は山の様にあって。
例えば「スタジオヴォイス」とか。そのジョンカサヴェテス特集号とか読んで「ハリウッドシステムに反抗し続けたインディペンデント映画の父」「スクリーンをナイフで切ったら血が滲んでくるかのような」とかってついてるキャッチコピーにもググっと来て、今は無き六本木シネ・ヴィヴァンでのレトロスペクティブに馳せ参じるって具合にね。
そんなふうにして、こんなに自分の知らない映画があるのかと浴びる様に映画を観まくっていく日々の中である時「あれ、俺、作りたい」と思い始めたのが22歳の時かな。

――何ていい人なんですか(笑)。

 

空族誕生

 

その後、伊藤さんは「現役日芸生が卒業制作の真っ最中だから潜り込んでみる?」といって紹介もしてくれたんですけど、俺なんかなにも知らないからよく馬鹿にされましたよ。むかつきましたけど映画を学ぶためだとひたすら耐えてましたね。
そこから派生して知り合ったのが、その後空族として行動 を共にすることになる高野貴子と井川拓のふたり。彼らは俺があんまりバカだから面白かったんでしょうね。まわりにいないタイプの人間だっただろうし。だからぐぐっと仲良くなって、俺はこのふたりから映画だったり文学だったりっていうのを教わりました。その後は皆のやりたいことを順番に撮っていきます。

<br
次は井川が自分で監督したいと言いはじめて、俺が伊藤さんに借りていたHi-8を貸してほしいというので、よくないことだと知りながら、しかしこれを終わらせずして俺の順番は回ってこないと思い勝手に又貸ししたんですよ。井川はカメラをリュックに入れてバイクで走り去ったんですけど、30分後に何故か戻ってきた、青い顔して。リュックのファスナー閉め忘れてメラを落とした、慌てて来た道を戻ってみたけど車に踏まれてすでにぐしゃぐしゃだった、と。とにかく弁償しなきゃと中古屋とか中野ブロードウェイとか探し回ってもどこにも無い。新機種のデジタルはあるけどアナログ最後のあのカメラは何処にも見当たらなかった。今みたいにネットオークションでってわけにはいかない時代ですからね。伊藤さんのHi-8への気持ちは知っているから、もう謝るしかなくてね。でも結局、大丈夫、と許してくれた。

―どこまでいい人なんですか(笑)!!

まったくね。恩人というのは、後になってしみじみそう思うって場合もあると思うんですけど、伊藤さんはまさにそうですね。
結局借金して弁償する形で新機種のVX1000を買ってそれで 初めての自分の映画を撮ることになるんです。高野や井川にも手伝ってもらって。主演は山梨の時からの友人である鷹野毅と伊藤仁のふたり。その時は皆で上北沢という駅周辺に住んでたんです。たまり場みたいな部屋があって、そこでの生活を元にした映画を作ったのが初めての習作。その後もその仲間で映画を作り続けて行きます。 そして相澤虎之助(「国道20号線」「サウダーヂ」共同脚本)とも出会っていく。
虎ちゃんと初めて会ったのは、井川の監督した作品の上映会。慶応大学の視聴覚室みたいなところだったんですけど、そこにスカジャン着てバイクで乗りつけてきた。それまでは (しっかし映画をやってるやつらってのはメガネのガリ勉みてーなのしかいねえな)と思ってたんで、同じ匂いを嗅ぎとったんでしょうね。「そりゃそうだよ、ダメだよねそんなんばっかじゃ」と意気投合していくわけです。その後、俺の処女作になっている「雲の上」(2003年)の撮影から彼が加わってきてくれるんですけど、それが今の空族の原型。

―バンドの経験やノウハウが無駄になってないところが凄まじいですね。

そうね。その後次作の「国道20号線」が完成し た時は段々劇場がプロジェクターを装備し始めた時期だったので、それまでに付き合いができていたアップリンクならということで「劇場公開の形をとりたい」とお願いしてみたんですよ。そしたらロードショーでやってみますか、 と。
それからは空族で宣伝もやる。フライヤーも自分たちで作る、ひたすら雑誌とかに記事で扱って欲しいと営業をかける。やれることはすべてやりましたね。もちろん門前払いのところも あったけどいくつか取り上げてくれる媒体もあって、1日3回廻し4週間のロードショーをやりました。

 

拡大する「ローカル」

 

―僕も「サウダーヂ」に痺れた者のひとりですよ。なんせイオン建設予定の広大な更地に土方がふたり、訳も無く中心に向かって走って行きスコップを突き立てたあのシーンに何とも言えない興奮を覚え、スクリーンを出てそのままこの甲州最前線を立ち上げたので(笑)。

(笑)。要するにその土地に根ざして長い時間をかけて物を作っていくと当然その変化っていうものが映画に入ってくるんですよ。
自分たちみたいに3年とか長いスパンかけて撮影をすると特にそうですよね。「雲の上」でも3年の間に、劇中象徴的に描いていた団地が途中で解体されて新しいアパートが立ち並んじゃうんだけど、結局それも映画に取り込んだ。土地で実際に起こる事件だったりハプニングを活かすっていう方向になっていくの。
「サウダーヂ」では、それまで自然と実践してきた俺たちにとっての映画作りを意識的に推し進めた結果、ブラジル人やタイ人たちが映画に入ってきたし、土方を中心に展開していく事ストーリーになったわけです。あのイオンのシーンもシナリオの段階では釣堀での設定だったんだけどなんか弱いなと思ってて。そしたら、毅と仁があの場所を見つけてきて。「ここしかないでしょ」と急遽釣堀のシーンがイオンの建設予定地になった。

―それでは改めて現在の山梨について思うことを教えてください。

「サウダーヂ」以降、状況は更に悪化の一途を辿っていると思います。それは山梨だけじゃなくて日本全体がですけどね。現政権がやってることについては、かつてないほどの危惧を感じています。
3.11以降、人々の間に一瞬沸き起こった「さすがにこのままではまずい」という変革の意識が、安倍政権の嘘、金の魔力によって完全に潰されようとしている。
繰り返しますけど、それはかつてないほどの規模で着実に進められようとしています。原発再稼働、秘密保護法案、憲法改悪、集団的自衛権行使等々、もはや民主主義を棄てようとしているようにしか見えませんよね。これは本当に取り返しのつかなくなる前に、もういやだ、という声をそれぞれがあげて意思表明をしていかなければいけないと心底思っています。

<strong>-ありがとうございました。

 

 

富田克也(とみたかつや) 1972年山梨県甲府市生まれ。

制作期間5年を費やした処女作『雲の上』(2003)を発表、この作品が「映画美学校映画祭2004」にてスカラシップを獲得。この賞金を原資に『国道20号線』(2007)を発表、高い評価を得る。
その頃より、それまで行動を共にしてきた仲間たちと共に、大手制作会社による映画ビジネスとは一線を画して、制作・配給・宣伝まで全てを自ら行う、映像制作集団「空族」を立ち上げる。
『サウダーヂ』(2011)も同じ体制で制作されたが、自主制作にして異例のロカルノ国際映画祭メインコンペティション正式出品を皮切りに、ナント三大陸映画祭グランプリ、国内では毎日映画コンクール優秀作品賞、監督賞をダブル受賞。2012年フランスにて全国公開された。国内でのロングランは3年目に突入している。
映像制作集団「空族」ホームページ http://www.kuzoku.com/
映画「サウダーヂ」http://www.saudade-movie.com/

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0