KOSHUSAIZENSEN

koshu2

──本日山梨は甲府駅、駅ビルと呼ぶには閑散としすぎておりますがその一角、山交百貨店内のサイゼリヤに来ております。今回のゲストは山梨県石和町出身、甲州最前線の発起人である加藤芳之さんと小池直也さんです。こんにちは。

こんにちはー。

 

山梨に於ける文化、社会的な被災

──本日はお二人が主宰されています甲州最前線についてお聞きしたいと思います。そもそも何故この様な組織を立ち上げようと思ったのですか?

この日本の閉塞感の中で山梨の若者がもう少し問題意識を持たないと、10年後気づいた時にはもう遅いのかな、と思って。上京して活動している人の知識や経験を故郷に還元しようと思って。僕らの出身は山梨県笛吹市石和町。18で山梨から東京に出て生活するうちに山梨の若者がもっと夢を追うじゃないけど、夢を見てもいいのかなと思うようになったんです。
それと、先日「サウダーヂ」という映画を観たんですが、山梨県出身の監督が甲府を舞台に撮影した映画なんですけど、この映画が言ってるのは「この街はもう終わりだ」ってことなんですよ恐らく。終わったってことを高らかに宣言した映画だと思うんです。でも、終わったって事は始まるってことですからね。山梨県民の人が観たら激怒すると思うんですけど、怒らせるのも良いかなと。 何でも波紋を投げかけるところから始まりますから。これを観て小池はとても感動し意気投合した加藤と甲州最前線を結成、という運びになりました。
地方都市の問題というのは何も山梨だけの問題ではないですが、特に甲府はヤバいと言われていますよね。商店街のシャッターは閉まり、人通りはまるで無し。車社会だから仕方ないですが、産業は大変です。この状況を僕らは「文化的被災」と呼んでいます。この間、小池は岩手県に行ったんですけど、岩手のまだ復興の進んでいない更地の景色を見て「山梨も眼に見えないけど文化的にこれと同じことが起きている」と感じたそうです。東北と違うのはゆっくり何十年とかけて被災に遭った(現在も遭っている)点。私たちの活動は社会的な復興なんだってことです。甲府市、笛吹市、様々な行政や団体がありますが、若者の政治や社会参加への感心を買うということに関して全く機能していません。もっと若者に目を向けていただきたいですね。みんな関心がまったく無いですから。みんなイオンかフルーツ公園行ってるんだからさ、車で。
 

山梨のアルジャジーラ

──では今後の活動についてお聞かせください。

今本当にどうにかしないといけないのは山梨⇔東京間の情報格差だと思うんです。さっきの映画「サウダーヂ」もそうですけど、山梨県内の人はほとんど知らないんですよ。東京の人の方が「サウダーヂ」すげえとか言ってるっていう(笑)。その映画に出てる「stillichimiya」っていうかなり面白いラップグループも県内にいるんだけど、それもあまり知られていない。外国の映画祭で賞賛されて凱旋したのもあまり知られていない。テアトル石和で試写会があって、とてつもなく盛り上がって、それこそ元レミオロメンのボーカルも来て感激してたらしいんだけど知られていない。テアトル石和は、昔ピンク映画しかやってなくて皆チラ見しては通り過ぎるっていう場所だったんだぞ!そこにあの映画が凱旋するっていう事の意味がそもそも分かってない。それからTHE BOOMが山梨のバンドってこともあまり知られていないし、フジファブリックの名前の由来は富士吉田の富士ファブリックっていう工場なんだっていうのも知らない。じゃあ一体何を知ってるんだ!って話になるけど、まあほとんど知らないんでしょうね。超情報社会なのに。そこを埋めたいよね。そういう格差をフラットにするためのメディアとして機能して行きたいと思います。山梨のアルジャジーラ。
少し前にSNS革命が海外で話題になりましたけど、あれが起こりうる状況をつくったのはメディア。国の上から下まで、左から右まで情報が隅々まで行き渡って革命への温度が均一になったからできたんだと思います。今東京でデモだ何だってやってるけど、東京でのことでしかない。山梨でデモやっても人通りないから効果薄いと思うけど、東京だけが盛り上がってても地方がついて行かなかったら意味ないですよね。別に日本でSNS革命とかが起こるとは夢にも思わないけど、山梨の温度は上げてかないと。これは街興しとかそういうよくある軽いレベルの話では無くて意識的なレベルでの温度です。今山梨に必要なのは風林火山の風と火だと思うんですよ。林と山は盆地を見渡せばありますしね。林の如く静か、山の様にどっしりってのはすでに県民性として定着しているので、風の様に早く、火の様に攻めるんだ、という心が必要なんじゃないかと。

──山梨のアルジャジーラ、火と風ね。でも県内の若者は別にそんなこと求めてないんじゃないですか?別に治安が悪いわけでもないし。ニーズが無いかもしれないというか。

ウィークポイントがあるとしたら、一番はそこなんですよね。メンバーが在京の奴らばかりなので。県内の人に「チョビい(甲州弁で調子乗るなの意)」とか「あいつらうぜえら」とか言われたらそれで終わり(笑)。今までにも山梨を盛り上げようとイベントを企画した人も実際いる。でもほとんどが失敗というか成功しても一過性のもので終わってます。逆に僕らの活動はイベントオーガナイズでは無く、欲しい人が取るだけの情報発信なので押し付けにもならないしウザがられないんじゃないかな。でも県内にも僕たちに共鳴する人が絶対いると思うんですよね。そこと上手くコネクトできたら県の内外から熱を送れるんじゃないかな。
 

山梨維新の行方

──なるほどありがとうございます。最後に何かありますか。

あと僕らは最初方向性もまだ決めて無い頃、大阪維新の会にあやかって、勢いで「山梨維新の会」と名乗ってました。そしたらこれも皆さんは知らないかもしれないんですが後から自民党山梨県連の方々が同名の政治団体を結成したんです。名前付ける前にググれよと皆さんもお思いでしょうが、まあこれも仕方なしで「甲州最前線」と改名したわけです。「改名すんな」とか「長いものに巻かれた」とか色々言われましたが―。それで後日、山梨維新の会さんのホームページを覗いたら首謀者は勿論、会員の名前すらクレジットされて無い。さすがにこれには吃驚して目を疑いましたが無い。目を擦ってみてもやはり無い。江戸時代の農民一揆ですらみんな署名していたというのに。そこで言わせていただきたいのですが、山梨維新の会の皆様、山梨の維新を謳いながら具体的な個人名も出さないような団体には倒幕も維新も達成され得ませんし、そもそも若者が知っているかどうかすら疑わしいです。明日の山梨を担う若者にもっとアプローチされた方が良いのではないでしょうか。という訳で山梨のゆとり世代発のメディアとして甲州最前線は活動していきます。宜しくお願いします!

 

加藤芳之(カトウヨシユキ) – 1987年、山梨県笛吹市石和町生まれ。地元の小中学校を卒業後、駿台甲府高校へ進学し、2010年3月にデジタルハリウッド大学を卒業。大学在学中の2008年5月より同年12月までNYU SCPS ALIへ留学。甲州最前線の発起人。
Facebookはこちら
小池直也(コイケナオヤ) – ヲタク出身ゆとり第一世代音楽家。音楽の枠を超えた多面的な活動を展開。ゆとり教育の成果を更新し続けている。甲州最前線の発起人であり、ライターとしても活動。
プロフィールはこちら
Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0