レペゼンヤマナシ#16 「正しく夢を見て、正しく叶えてほしい」 田野口真介インタビュー

 

甲府が開府から500年ということで、おめでとうございます。2021年には武田信玄公の生誕500年となりますが、認知度はまだまだ低いというのが現状。山梨には素晴らしい文化がたくさんあるので、それを広める一助に私もなれたらと思い、山梨出身者関連のおすすめプレイリストを作成いたしましたので、興味のある方は聴いてみてください。

 

 

さて私事ですが、昨年12月に東京ドームで行われた「UVERworld KING’S PARADE 2019 男祭り FINAL」を観に行ってきました。男性だけで埋まった現場は圧巻で貴重な体験をさせていただきましたが、このバンドにディレクターとして関わっているのが山梨出身者であることを知る人は少ないと思います。

今回の甲州最前線インタビュー「レペゼンヤマナシ」でお話を伺ったのは、ロックバンド・UVERworldのA&Rとして現場で仕事をされている田野口真介さん。彼は上記プレイリストにも入っているthe courtというロックバンドでドラムを担当されていたのですが、なぜ今レコード会社で働いているのでしょうか。生い立ちから現在まで、たっぷり話していただきました。(記者:小池直也、サムネイル:徳山史典)

 

 

Read more SHINSUKE TANOGUCHI はコメントを受け付けていません。

 

 

レペゼンヤマナシ#15 「自分がついて行きたいと思う大人になれたら」 小林清美インタビュー

 

久々の更新になります。甲州最前線のインタビュー企画『レペゼンヤマナシ』、毎回山梨出身のクリエイティブな方に会いにいっております。今回のゲストは山梨市出身のシンガーソングライターで、音楽教師もしていらっしゃる小林清美さん。山梨発のグループ、Peach sugar snowを「ウィスパーボイスアイドル」としてプロデュースし、アイドル界に大きなインパクトを与えました。独特のキャラクターを活かして、プロインタビュアの吉田豪さんと対談していたり、彼女の活動はとてもユニークです。今回は小林さんにこれまでのキャリアや、山梨への想い、現状のアイドルシーンについての考え、今えがいている夢など、多岐にわたるお話をしていただきました。(記者:小池直也、画像:徳山史典)

 

Read more KIYOMI KOBAYASHI はコメントを受け付けていません。

 

 

レペゼンヤマナシ#14 2016年の現在、甲府で起きていること 望月智久×小池直也:トークセッション

 

今回の甲州最前線インタヴュー『レペゼンヤマナシ』は私、小池が甲府中心街で主宰していた音楽ライヴパーティ「火と風」の最終回に行われたトークセッションをお届けします。

ゲストにはフリーペーパー「BLUE STAR MAGAGINE」の望月智久さんをお呼びして、この最果ての地方都市である甲府における移民問題、リノベーション文化、音楽、アート、などなどお互いの数年間をざっと点検していくような濃い内容となりました。

 

Read more TOMOHISA MOCHIZUKI はコメントを受け付けていません。

 

レペゼンヤマナシ#11 山梨/東京/日本/世界、拡大するローカル 富田克也(空族)インタビュー

 

 

――本日は東京都内、京王線沿いのとあるカフェに来ております。本日のインタビュー第11回目のゲストは映画「サウダーヂ」でお馴染み、空族の富田克也監督です。よろしくお願いします。

よろしくおねがいします。

 

富田克也(とみたかつや)さん:プロフィール

1972年山梨県甲府市生まれ。制作期間5年を費やした処女作『雲の上』(2003年)を発表、この作品が「映画美学校映画祭2004」にてスカラシップを獲得。この賞金を原資に『国道20号線』(2007年)を発表、高い評価を得た。その頃より、それまで行動を共にしてきた仲間たちと共に、大手制作会社による映画ビジネスとは一線を画して、制作・配給・宣伝まで全てを自ら行う、映像制作集団「空族」を立ち上げる。『サウダーヂ』(2011年)も同じ体制で制作されたが、自主制作にして異例のロカルノ国際映画祭メインコンペティション正式出品を皮切りに、ナント三大陸映画祭グランプリ、国内では毎日映画コンクール優秀作品賞、監督賞をダブル受賞。2012年フランスにて全国公開された。国内でのロングランは3年目に突入している。

映像制作集団「空族」ホームページ http://www.kuzoku.com/ 映画「サウダーヂ」http://www.saudade-movie.com/